C型肝炎

2013.10.2|性病、性感染症

このエントリーをに追加

2013y10m02d_161842032

C型肝炎はC型肝炎ウィルスの感染が原因で起きる肝臓の病気でです

肝臓の病気としてC型慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどがありますが

これらの病気もC肝炎ウィルスが原因になっていることがあります

C型肝炎ウィルスはほとんどが血液からの感染です、感染者の血液が
傷口や粘膜から感染したり、ウィルスが体内に入ることでの感染があります

感染している母親から妊娠時、出産時、授乳時によって子供に
感染することも稀ですがありますので、感染していて子供を
望む人は医師に相談すれば母子感染率を下げることが出来ます

感染者からの血液、臓器などの提供、注射針の共用などがあります
性交渉によっての感染は確率的には低いのですが感染することはあります


性交渉での感染はまれですが感染者との無謀な性交渉、例えば
コンドームの無使用、オーラルセックス、性器具の共用などがありますので
注意が必要です

C型肝炎ウィルス感染後の症状としては全身の倦怠感に続いて食欲不振になり
次に悪心、嘔吐などの症状が出ます

このC型肝炎ウィルスに感染を検査する方法としては
通販で手に入る性病検査キットでも検査できるので気になる方は
検査してみて下さい

>>検査キットのまとめはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ