軟性下疳

2013.11.17|性病、性感染症

このエントリーをに追加

2013y11m17d_150755626

軟性下疳も性病の1種で軟性下疳菌の感染によって起こる病気です


この病気の症状としては性器に豆状のコブができて痛みが伴い
このコブも破れやすく強い痛みの潰瘍になりますので
自覚症状としては強く感じる性病ですので早めに対処は出来ます



症状が進むとリンパ節に膿がたまり腫れてきますので早めの治療が必要です
この軟性下疳も性病なので感染経路は性交渉にて感染します
感染で出来るコブがつぶれた後の患部に触れると感染します


喉にも感染することもあるので喉にも同じ症状が出れば感染を疑って下さい
潜伏期間は長くても1週間ぐらいですので症状は早めにでます


日本ではほとんど感染は無いので感染は海外での性交渉などが
原因になることがほとんどですので注意が必要です


痛みをの伴う症状が出るのが早いので早期の治療が可能ですから
治療も抗生物質の服用や筋肉注射などの治療で治ります

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ