淋病

2013.9.7|性病、性感染症

このエントリーをに追加

m010232

淋病は淋菌の感染で起きる感染症です
この淋病はグラジミア感染症と同時感染してる場合も2,3割あります

この淋病は淋しい病気などと言われたりしていますが

淋病の淋は雨の降る林で木の葉の先からポタポタ雨が滴り落ちるところを
淋病になった男性の炎症により細くなった尿道から尿がポタポタとしか出ない様を
表したと言われています

感染経路はやはり性交渉に性交類似行為でも感染します
出産時に母子感染もするので注意が必要です

タオルからの感染も過去にはあったそうですが
淋菌自体は弱い菌で感染者の粘膜から離れると数時間で感染力を失います

症状は感染してから数時間から数日で発症します

咽頭の場合は咽頭炎、性器な場合は男性が淋菌性尿道炎
女性の場合は子宮頚管炎を起こします

感染部位は咽頭、性器の他にも直腸の粘膜や目の粘膜も侵します
咽頭の感染ではあまり症状は見られないが
男性の場合は排尿時、勃起時に激しい痛みを感じます
しかし中には無症状で経過することもあります


女性の場合は殆どが自覚症状がなく数週間から数ヶ月無症状で経過する事が多く
自覚症状があっても診断結果が膀胱炎や膣炎というのが珍しくありません

放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、
子宮外妊娠に発展する場合もあリます

この淋病も出産時に新生児の目の粘膜に感染することが多く治療が遅れると
失明する恐れがある

治療は泌尿器科(男性)、産婦人科(女性)、性病科で受診して

処方して貰ったスペクチノマイシン、セフォジジム等の抗生物質の投与で
3日間~数週間治療が必要です


>>淋病検査キットで感染を調べてみる<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ