性病検査キット 値段 比較

2013.10.4|性病検査

このエントリーをに追加

2013y09m17d_232606311

,は検査のやり方で大きく2つに分けられます

自宅で自分で行い結果までその場で見られる検査方法と

自宅で検体を採取して検査は郵送で検査機関に送り検査結果を
Webなどで確認する検査方法があります

検査できる項目は性病、性感染症と言われる中で

梅毒(T.p.感染症)
淋病(淋菌感染症)
性器クラミジア感染症 
性器ヘルペス
膣トリコモナス症
細菌性膣症
ケジラミ症
性器カンジダ症
HIVエイズ 
B型肝炎
C型肝炎

と言った感染症の検査が自宅あるいは郵送で簡単に検査できます

性病検査キットをSTDチェッカーあるいはSTDセルフチェッカーとも言われます

検査する項目は1項目を検査するものから1度に10項目(男性)12項目(女性)
出来るものまであります

その他ブライダルセット、ペアセットと言う男女のセットもあります

価格を比較すると個人代行輸入品で自宅ですべて自分で行う検査キットが
最も価格が低いですが検査できる性感染症の種類が少ないです

郵送検査の方は価格的には高めですがきちんとした検査機関、医療機関、研究所、
医学検査研究所で検査されるので検査結果の精度も高いです

検査できる項目が多く、検査キットの種類も豊富にあるのも、
一度に多くの項目が一括で検査できるのも郵送検査の方です

郵送検査でも郵便局留めにして匿名での検査も可能ですので不安はありません
結果もWebで確認出来ますから家族にも知られることはありません


>>検査キットのまとめはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ