性病検査キット 信頼性 比較

2013.9.17|性病検査

このエントリーをに追加

2013y09m17d_232439840

性病に感染している疑いを持っても医者に行くのは恥ずかしい
仕事が忙しくて病院に行けないという人には
自宅で性病を検査できる検査キットがあります


性病検査キットあるいはSTDチェッカーなどの性感染症の感染を調べる検査法は
個人代行輸入の自分で検査結果までわかるものと、
検体を採取して郵送で研究所などの検査機関で
検査してWebなどで検査結果を見るやり方の2つがほとんどです


これらの検査キットで性病の検査をするときにまず最初に思うことは
検査結果が正しく出るのかということでしょう


次に自分でうまく出来るのかという心配ですが説明書はついてますから
説明書に沿って行えば大丈夫でしょう


特に個人代行輸入品での検査は信頼性が疑問で一番心配になると思います
過去には粗悪なものもあったようですが最近では品質は向上して
ジェネリック医薬品と変わらない扱いになっています


検体を採取して郵送検査では検査結果の信頼性は高いです
ただ検体を採取にあまり時間をかけると正しい結果が出ないこともあります


ただ個人代行輸入のいいところは手軽で検査キットの価格が安価なことです
郵送検査はもちろん信頼性が高いのですが価格もかなり高めになります


どちらもメリット、デメリットはありますので症状に合わせて
感染の疑いが強い方は郵送検査を選択して、とりあえず検査してみよう
と思う方は個人代行輸入の検査キットでの検査が良いのではないでしょうか

特にクラミジアやカンジタなどの無症状で自覚症状がない性感染症は
まず個人代行輸入の検査キットで検査してみて陽性反応が出たら
精度の高い郵送検査をしてみることをお勧めします

もちろん検査結果が陽性だったら専門医で受診するようにして下さい

>>検査キットのまとめはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ