性病とは?

2013.9.7|性病、性感染症

このエントリーをに追加

ww‹+^

性病(一般的には性的行為によって観戦するもの)
淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)
の4つ疾患がが性病


性病は最近は少なくなっているが、最近はSTD(性感染症)が増加傾向にあります

性感染症
ヘルペス・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・コンジローマ・HIVなど


現在では性病という言葉よりも性感染症あるいはSTDと言われることがほとんどです

これらの疾患は多くが性交渉、あるいはそれに近い行為(デープキスなど)で
パートナーが感染症に感染していると感染することがほとんどです


また感染症によっては母親が感染していて出産すると子供にも感染するので
妊娠されている方は早急に治療が必要です


これらの性感染症は症状は様々ではっきりと症状がでるものからほとんど無症状で
感染していることに気づかない感染症もあります、潜伏期間数日から数週間とさまざです


現在日本で性感染症が増加しているのはパートナーを特定しない不特定多数の人と
性交渉を持つ人が多くなったことやコンドームなどの避妊具も使わない人が
増えていることが原因です


自覚症状がほとんど無い感染症もありますから知らないうちに
他の人を感染させていることも多くありますので自覚症状があまりない、症状が軽いなど
もしかしたらと思ったら早めの検査が重要です

忙しくて病院に行けない、恥ずかしくて性病検査を受けれない方は
自宅にいて自分で性感染症などの検査をする検査キットもありますし

匿名で検査できますので不安がある方はすぐに検査することをお勧めします

>>検査キットのまとめはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ