性器カンジタ症

2013.9.7|性病、性感染症

このエントリーをに追加

220

性器カンジタ症と言うのは性病の一種で女性に多いです
男性器、女性器の構造の違いから、体表に露出部分の多い男性では通気性がいいため
男性には起こりにくいですね


性器周辺や体表に存在する菌が体調不良、過労、ストレスなどで免疫力が低下すると
異常増殖して発症します


症状としては強いかゆみがあり、塊状や白いどろっとしたおりものとか
膣口や陰唇、亀頭などが真っ赤に炎症したりします


原因としては体力、免疫力が低下して常在菌が異常に増殖して発症します
月経前や妊娠中またピルの服用なども要注意です


後は構成物質などの服用で女性の膣内を守っている善玉菌などの最近が死滅すると
体内の菌叢バランスが崩れ、真菌であるカンジダが異常増殖する場合がある

通気性の悪い下着などの着用でも蒸れるためカンジタ菌が増殖しやすい環境になります

性交渉による感染もあります、性交パートナーが性器にカンジタ菌が増殖していると感染しますが
男性に女性から感染する可能性は低いです


治療は膣坐薬の挿入で毎日挿入タイプと1週間効果が持続タイプがあります
それから抗真菌薬の軟膏を患部に塗布する

また膣洗浄によって発症した時に菌を洗い流して症状を鎮めるのも有効です
もちろんこの膣洗浄もやり過ぎると大事な善玉菌も洗い流すことのなるので要注意です

一般的にはビタミン剤などの飲み薬と軟膏などの塗り薬を患部に1日2~3回塗る
などを併用して行くのがいいでしょう


最後に大事なことは食生活や生活習慣によっても発症しやすいので
その辺の改善も必要になりますね


>>カンジダ検査キットで感染を調べてみる<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ