トリコモナス症

2013.9.19|性病、性感染症

このエントリーをに追加

9}ËN’0Y0‹0Ê0ü0¹0

トリコモナス症も性病の一つです
この性病は病原原虫であるトリコモナスが感染して引き起こされる


このトリコモナス原虫が増殖を続けて生殖器などに炎症を引き起こします
女性の場合はあまり自覚症状が無いことが多く知らずに治療をしないで
放置すると重症になる危険性もあります


感染経路はやはり性交渉での粘膜感染です
女性は感染した男性、感染した女性から感染しますが
男性は女性からは感染しますが男性間では感染しないようです


このトリコモナス症は性交渉以外でも感染することがあります
下着やタオルあるいは便座からも感染した例があります


女性の症状としては外陰部に痒みや灼熱感などがあり
おりものも増加して悪臭がする泡だったようなものや血性もあります
女性の場合は膣炎・子宮頸管炎・尿道炎なども引き起こします

症状が認められないこともありますので症状が無いからといって
安心は出来ません


男性の場合は原虫が尿道に寄生しますが、排尿時に気付かない痛みが
ある程度で症状に気が付かない事が多いです

そのため放置するケースが多く尿道炎、前立腺炎、バリトリン腺炎を起こし
排尿時や入浴時に痛みが出ることもあります


治療にはメトロニダゾールという抗原虫薬(抗菌薬)を服用するのが一般的です


>>検査キットのまとめはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

ホームページ